社労士オフィスみやざき-神奈川県 藤沢市 茅ヶ崎 鎌倉 辻堂 横浜の社会保険労務士/就業規則作成 労務管理相談 助成金
社労士オフィスみやざき-トップページ社労士オフィスみやざき-事務所概要社労士オフィスみやざき-業務案内社労士オフィスみやざき-よくある質問社労士オフィスみやざき-お問合せ
社労士オフィスみやざき-神奈川県 藤沢市 茅ヶ崎 鎌倉 辻堂 横浜の社会保険労務士/ 就業規則作成、労務管理相談、助成金

代表
宮崎 貴幸

社労士オフィスみやざき:プライバシーポリシー
プロフィール
社労士オフィスみやざき:プライバシーポリシーブログ



社労士オフィスみやざき-トピックス
社労士オフィスみやざき-事務所概要
社労士オフィスみやざき-業務案内
社労士オフィスみやざき-就業規則について
社労士オフィスみやざき-助成金について
社労士オフィスみやざき-キャンペーン情報
社労士オフィスみやざき-報酬額について
社労士オフィスみやざき-ご契約までの流れ
社労士オフィスみやざき-よくある質問
社労士オフィスみやざき-メディア掲載・執筆等実績
社労士オフィスみやざき-研修、セミナー等のご依頼
社労士オフィスみやざき-社会保険労務士とは
社労士オフィスみやざき-特定社会保険労務士とは
社労士オフィスみやざき-お問合せ
社労士オフィスみやざき-ホーム







就業規則のことなら 就業規則専門相談所
【就業規則・是正勧告専門サイト】




【社労士 宮崎貴幸の公式ブログ




【便利な各種労務管理 書式集】



社労士オフィスみやざき-ビジネスサポートネットワーク
社労士オフィスみやざき-リンク集
社労士オフィスみやざき-リンクについて



主な業務対応地域

神奈川県
藤沢市 茅ヶ崎市 鎌倉市 横浜市 川崎市 平塚市 寒川町 等

東京都
大田区 品川区 港区 千代田区 目黒区 渋谷区 等

※上記以外の地域でも社労士として活動しておりますので、ご連絡ください。




社会保険労務士個人情報保護事務所【SRP】

社労士オフィスみやざき:HOME > トピックス > 法改正、制度改正情報 > 年金法改正
<Topics>

〜社会保障制度改革に関する年金法改正について(平成24年8月)〜

社会保障制度一体改革の一環として「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」等が成立、公布されました。

「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」と非常に長い名称ではありますが、要は、国民年金法、厚生年金保険法などを改正しましょう、ということです。

交付された内容は、今すぐ施行されるものではなく、再来年度以降、消費税の引き上げと併せて順次施行されていきます。

主な内容は次の通りです。


1.公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための
  国民年金法等の一部を改正する法律

 (1)
平成26年4月施行分(消費税引上げ第1段階8%)

  @ 遺族基礎年金の男女差解消
    遺族基礎年金の支給要件の男女間の差異を解消。

 (2)公布の日から2年の範囲内で政令で定める日

  @ 産休期間中の保険料免除
    産前・産後休業期間中の厚年保険料を免除し、将来の年金給付に反映。

  A その他改善事項
   ◆ 給付関係 ◆

     ア 繰下げ支給の取扱いの見直し
        70歳到達後に繰下げ申出を行った場合でも、70歳時点に遡って
        申出があったものとみなす。
     イ 国民年金任意加入者の未納期間の合算対象期間への算入
        60年改正前の任意加入期間のうち、未納期間も合算対象期間とする。
     ウ 障害年金の額改定請求に係る待機期間の一部緩和
        明らかに障害の程度が増進したことが確認できる場合は、1年の
        待機期間を要しない。
     エ 特別支給の老齢厚生年金の支給開始に係る障害特例の取扱いの改善
        障害年金受給者については、請求の翌月からでなく、障害状態にあると
        判断される時に遡って障害特例による支給を行う。
     オ 未支給年金の請求範囲の拡大
        未支給年金の請求範囲を、生計を同じくする3親等以内の親族
        (甥、姪、子の妻等)に拡大する。

   ◆ 保険料関係 ◆
     カ 免除期間に係る保険料の取扱いの改善
        国民年金保険料の@免除期間に係る前納保険料の還付、
        A法定免除遡及該当期間の保険料納付、B法定免除期間に
        おける保険料納付及び前納を可能とする。
     キ 保険料免除に係る遡及期間の見直し
        保険料納付可能期間(過去2年分)について、遡及免除を可能とする。
     ク 付加保険料の納付期限の延長
        国民年金保険料と同様に、過去2年分まで納付可能とする。

   ◆ その他 ◆
     ケ 所在不明高齢者に係る届出義務化
        年金受給者が所在不明となった場合に、その旨の届出をその受給者の
        世帯員に対して求め、年金支給の一時差止めを行う。


 (3)平成27年10月施行分(消費税引上げ第2段階10%)

  @ 受給資格期間の短縮
    受給資格期間を25年から10年に短縮。

 (4)平成28年10月施行分

  @ 短時間労働者に関する厚生年金被保険者資格の取扱い
    週の所定労働時間及び月の所定労働日数に関する「4分の3要件」を
    満たす者に加え、4分の3要件を満たさない者のうち、「週所定労働時間が
    20時間以上」、「賃金が月額88,000円以上」、「勤務期間が1年以上」、
    「従業員501人以上の規模である企業に使用されている」の基準をすべて
    満たすパート労働者(学生を除く)について、適用対象とする。
    なお、施行後、3年以内に検討を加え、その結果に基づき、必要な措置を講じる。

  A 厚生年金標準報酬月額の下限改定
    標準報酬下限(98,000円)の引下げを行うこととし、健康保険制度と同様に、
    標準報酬月額等級に新たに以下の等級を加え、従来の等級を繰り下げる。
    ・第1級(88,000円:報酬月額83,000円以上93,000円未満の場合に該当)


2.被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の
  一部を改正する法律


 (1)公務員の恩給期間に係る追加費用削減(国共済・地共済)
    (公布日から1年以内に政令で定める日)

    恩給期間に係る給付について27%引き下げる。
    ただし、給付額に対する引下げ額の割合が10%を上回らないこと、
    減額後の給付額が230万円を下回らないこととする。
    ※ 旧3共済(NTT、JR、JT)分については、平成27年10月施行。

 (2)被用者年金一元化(平成27年10月)
    厚生年金制度に公務員及び私学教職員も加入し、2階部分の年金は、
    原則、厚生年金に統一する。


以上、平成26年〜平成28年にかけて施行されていきます。
どれもこれも大切な内容です。
その中でも、パート等の短時間労働者への厚生年金適用拡大は、サービス業等でパートを多数雇用している場合に費用負担の大幅増が伴うため、対策が必要なものと言えるでしょう。
その他は、保険料免除規定や支給内容・要件に関する改正で、被保険者にとっては優遇される内容と言えます。

実際の施行までまだ先なので、詳細な取り扱い等、これから決まっていくものですので、それらも併せて施行時期が近づきましたら、再度お知らせいたします。


なお、 当事務所でも規程の改定、制度の説明等の対応を しております。
ご不明な点、ご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

  ご相談・お問合せはこちらから







トピックス(法改正、制度改正情報):トップへ
 藤沢 茅ヶ崎 鎌倉 横浜の社会保険労務士
社労士オフィスみやざき
〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂1-4-16-401 <<Access>>
【JR東海道線 辻堂駅 南口 徒歩3分】

メール:>>お問合せはこちらから URL:https://www.som-net.com

TEL:0466-41-9975

社労士オフィスみやざき:HOME HOME 事務所概要 事務所概要

業務案内 業務案内

就業規則トップ 就業規則

助成金トップ 助 成 金

社労士オフィスみやざき:お問合せ お問合せ 社労士オフィスみやざき:お問合せ サイトマップ
社労士オフィスみやざき:プライバシーポリシー プライバシーポリシー

社労士オフィスみやざき:著作権・免責事項 著作権・免責事項


(C) 2006 社労士オフィスみやざき(Takayuki Miyazaki)All Right Reserved.